着ぐるみ作家島風榛名の活動ブログ

普段は着ぐるみを作成しているドーラー作家ですが、それ以外の活動を日記にします

     
  

☝ 各ブログの更新はツイッターで行っております。読者登録の他、上のアイコンクリックでTwitterをフォローしてくれると嬉しいな

このブログ オススメ

初の琉装

沖縄謎の島

沖縄ビーチ

ビキニ編
姉妹ブログ オススメ

琉装です

蜷川実花展

doll動画

街のお祭り

北方領土

艦種の話

昔の艦艇

2つの月


[琉装]沖縄の衣装を着てみました/Ryukyu clothes at Okinawa

沖縄の伝統装束「琉装」をしてみました。

先日「るみこん2」のほうに着ぐるみりこの琉装体験を書きましたが、今回はハルナ自身の琉装体験です。
場所は那覇国際通りにあるレンタル琉装veniさん。
那覇に用事で行く事になった時に急遽お邪魔させていただきました。 

島風榛名

撮影と衣装レンタル、着付けの他、追加料金で外にも行けるそうです。
また、背景合成を選択するとこのようなグリーンバックでの撮影になります。

 

島風榛名

オプション選択で髪の毛のセットもしてくれるので、三編みをしていただきました。

 

島風榛名

そして、ちょっと変わった事をしたかったので、花魁ぽく着付けていただきました。

 

島風榛名

フォーマルレベルな装束ですが、着物で言うところの留袖や振袖、訪問着と比べて、やはり気温が高い分「軽め」に作られている感じがしました。

 

島風榛名

打掛/クイーター?(上着)は紫が素敵で「それっぽかった」ので選択。ナカジン(中に着る上着)、胴衣とカカン(下着?というより内着の上下)はシンプルに白です。

 

島風榛名

 こちらは赤バックでの撮影。

琉装と着物(琉装も着物ですが)とは似ている部分と違う部分がありますね。
似ているなと感じたのは打掛(紫の部分)の内側に着るナカジンはかなり浴衣に近かった事。 普段着としてならこれだけでも良いそうで、浴衣と違って夏場だけでなく一年中胴衣着てよいそうです。
逆に一番違うなと感じたのは、打掛に巻く帯が半帯サイズだったこと。
そりゃ袋帯名古屋帯のようなものだったら流石に暑いですよね。 また、帯を使わない着方(ウシンチー)もあるようです。 

次に行く時は着ぐるみで撮るか自身を撮るか迷ってしまいますが、テーマを考えてまた行きたいです。


[レンタル琉装veni さんへの行き方]

場所は国際通り牧志駅側すぐにあります。

レンタル琉装veni 入り口

レンタル琉装veniさんへの詳しい行き方はこちら↓の着ぐるみブログのほうに書きましたので琉装体験されたい方はご参照くださいね。 着ぐるみ

blog.goo.ne.jp

又は以下のgoogleマップをご参照ください。


ちなみに三編みはかなりしっかりされていて、約1日たっても緩む様子がありませんでした。

三つ編み

お風呂に入らなければならないのでやむなく解きましたがなかなか解けませんでした。
ほどく途中に後ろを撮ったらこんな感じ。ほどき始めてから「あっ、記録しなきゃ」と思って撮ったのでちょっとボサってます。

ゆいレール

ゆいレール

ではではまた~